ホーム > 事例

事例

相良法律事務所では、お客様の最大限の利益を追求することをモットーとしております。実際、当事務所で受任した事例です。

事例1: 消費者金融会社等計9社の総額380万円の借金すべてについて免責されたケース

30代の会社員Aさんは消費者金融など9社から借金をして、借金の額が大きく膨らんでしましまい、自己破産の申立を行いました。Aさんご自身には大きな資産もなく、同時廃止手続きにより手続きを進め、無事、裁判所から免責許可を得ることが出来ました。

事例2: クレジットカード会社等計7社の総額520万円の借金すべてについて免責されたケース

40代の主婦Bさんは、家計の費用が不足したときなどにクレジットカードによる借入れを開始したのですが、いつの間にか借金の額が大きく膨らんでしまい、ご主人の収入とご自身のパート収入だけでは返済できなくなってしまい、自己破産の申立を行いました。
Bさんご自身には大きな資産もなく、同時廃止手続きにより手続きを進め、無事、裁判所から免責許可を得ることが出来ました。

事例3: ギャンブルも一つの原因として借金が約700万円にまで膨らみ、また、借入れの手続きにも多少の問題があったものの、管財人による調査を経て、無事免責されたケース。

50代のCさんは、ギャンブルも一つの原因として借金が膨らみ、借入れの手続きにも若干の問題があったので、少額管財事件となりましたが、管財人による調査にも誠実に対応し、無事すべての借金について免責されました。